スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    もえたん

    原作が大学受験用英単語集という画期的なアニメ。

    原作?
    ああ、買ったよ。悪いかよ。

    「あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!
    『俺は本屋さんに行って、この本を見かけたと思ったら、気づいたら買っていた。』。
    な…何を言っているのかわからねーと思うが(ry」
    この原作の英単語帳は、表紙を裏返してつけると、そこらへんのまともな英単語帳と何ら変わらぬ外見になるのだ!なんということでしょう。劇的ビフォーアフターですよ。

    この本を買った時はすでに大学生だったので、英語の勉強の役には立っていない。
    例文がオタク向けのネタ的なものばかりだったので、英語の知識よりも、オタクの知識のほうが多く身に付いたくらいだ。

    そんなことより俺がいいたいのは、キャラクター原案のPOP氏の絵が素晴らしいという点だ。
    同氏による絵本シリーズがあるのだが、これを今買うかどうか迷っている。
    おとぎ銃士赤ずきんのキャラ原案もこの人である。
    ∴POP×ゆかりん=最強
    [Q.E.D]

    とまぁ、原作の話は置いておいて、アニメの話をしようか。
    あの「もえたん」がアニメ化すると聞いて、喜んだわけだが、
    いんくの声が田村ゆかりと聞いてさらに喜んだわけである。
    俺の中で、ナンバー1ロリ声声優のゆかりんがやるならこのアニメは大丈夫だ、と。

    で、観てみるとどうだい、これは。
    ひどいアニメじゃないか(いい意味で)
    ネタに走るアニメは嫌いじゃない。いやむしろ好き。
    作画も安定してる。
    声優陣もなかなか。
    OP,EDともに電波でグッド。
    白スクなのがさらにグッド。

    あれ?否定するところがないぞ?
    あえて突っ込むとすれば、「こんな幼女な高校生いねーよwwww」くらいかな?
    でも、18歳以上ではじめておいしゃさんにかかる双子の姉妹もいるしなぁ
    問題ナッシングだな!!


    moetan_2_800x600_convert_20080911234650.jpg
    fig 1.1 レンタルビデオのAVエリアに、巨乳コーナーはあるのに貧乳コーナーがないのはなぜなんだ?



    スポンサーサイト

    アイドルマスターゼノグラシア

    前述のゲーム「アイドルマスター」が原作のアニメ。

    原作という単語がふさわしくないほど、原作とかけ離れたアニメである。
    原作がアイドル育成シミュレーションなのに対し、こちらの作品は熱血?ロボットアニメなのである。

    あのアイマスがついにアニメ化!というニュースを聞き、詳しい情報を入手した人は
    誰もが思ったであろう・・・

    『また黒歴史か・・・』

    かく言う俺もその中の一人だった。

    ここであえて『だった』と過去形を使ったのはですね・・、今はそう思ってないからです。
    俺の大好きなやよいがあんなになっちゃってるし、あのアイマスがどうやったら巨大ロボットものの
    アニメに変身するんですか!?と主張したくなった。
    というわけで、黒歴史なんかみたくないやいっ!と思っていた俺はこのアニメを全然スルーしたわけだった。

    ある日、レンタルビデオ屋に足を運び、いつものように人目を避け、遠回りしてアニメコーナーへ。
    特に見たいアニメもなく、ロボットアニメコーナーへ行くと、この作品が陳列されていた。
    とりあえず見てみるか・・・。サンライズだしな・・・、とりあえず借りとくか・・・。
    おもむろに2巻まで持って、レジへ。
    クソ暑い夏の夜、帰路へ着く。

    扇風機のタイマーをセットし、ビールを片手に、部屋は真っ暗、ゼノグラシアを再生する。

    ………
    ……



    あれ?意外と面白くね?春香かわいくね?
    っていうか声優豪華すぎじゃね?
    ちょwww千早wwwwww誰これwwwwwミサトさんwwwwww

    と、様々な感想を抱いたわけだ。
    そしてその後すぐに、俺はなぜ2巻までしか借りてこなかったんだ!!と後悔したが、
    すぐにチャリに飛び乗りレンタルビデオ屋にアゲインしたのであった。


    誰だよ黒歴史とか言った奴
    結構面白かったぞ?
    俺はこういう機械に心が宿ってる系の話には涙もろいので、クライマックスのあたりとか結構感動したぞ。サンライズだからこその面白さだった。


    だけど、今度アニメ化するときはちゃんとアイドルもののアニメにしてね?

    約束、だよっ
    (雪歩の中の人っぽく)



    file_pho.jpg20061121_82_06.jpg
    fig 1.1 高槻やよいの海賊版にご注意!!(左:正規品 右:よく見受けられる海賊版)




    ローゼンメイデン

    ちょこッとSister

    EDのねこにゃんダンスのためだけに見た。
    まぁまぁかな。

    クリスマスプレゼントに妹お願いしたら、だいぶ後になって妹が到着しましたとさ。めでたしめでたし。

    おう!あんな妹だったら俺も欲しかったっての!リアル妹いるけどな!!

    アイドルマスター

    "the"でぐぐるとトップに出てくるくらい有名になったアイドル育成シミュレーションゲームである。
    大手ゲームメーカー、ナムコが本気でギャルゲーを作ったらこんなんでましたけどー。といった感じである。某動画共有サイトでも人気のタイトルである。同名のアニメもあるが、これはまた別物。詳しくは該当の記事で述べる。もともとはアーケードゲームで、その後にXBOX360に移植された。
    紹介はこれくらいでいいっすか。

    ゲームとしての面白さというのは微妙かなぁ。所詮ギャルゲーですよ。
    CDのリリースもいったい何枚出てるんだっつーの。
    DLC(Download Contents)もバカ高いし。集金マシーンと言われるだけのことはある。
    もっと改善できる点がありそうな気がするし。

    とまぁ、このゲームについて愚痴をこぼせばキリがないのだが、そんな中にも夜空に煌く星のような長点がッ!!
    そうッッ!
    アイドルの高槻やよいでーっす!!(←やよいっぽく)
    うん、すばらしいね。かわいすぎる。

    健気で元気で明るくて、ちょっとお姉さんっぽいところもあって、こんな子が娘(長女)にほしいものである。
    彼女のソロCDであるMASTER ARTIST 02に収録されている名曲『キラメキラリ』。
    なかなかの電波ソングである。というか大好きこの曲。俺が箱○を買ったのはこのゲームのためだし、このゲームのためということはやよいのためだということである。

    後悔??

    するかよ、そんなもん!!

    idol017_convert_20080817022824.jpg
    Fig 1.1 山口百恵、松田聖子、中森明菜をも遥かに凌ぐスーパーアイドル高槻やよい

    Live for you!という続編が出たがこれがまた、アイマスPV製作用素材回収ゲームだった。
    だけど、オタ芸をうてるのは意外と楽しかった。初回版に付属のアニメDVD(っていうか初回版、まだ普通に売ってるし。)も春香、美希、千早しかでてこないし。

    やよいがいなかったら絶対買わなかったな、このゲーム、そしてこのハード。

    プラネテス

    う~ん、やはりサンライズアニメはよい。
    名作と言わざるを得ない。
    ナディアといいCCさくらといい味楽るミミカといいNHKのアニメは伊達じゃないぜ!

    カードキャプターさくら

    いきなり結論から述べさせてもらう。

    アニメ史上にその名を残すアニメである。

    その理由をいくつか挙げる。
    ①現在ではパソコンの性能が向上し、多くのアニメがパソコンで作られるようになったが、アニメーションというのはかつてはセル画で製作されるものであった。このアニメはそのアニメのセル画時代の最終期の作品であるという点(ジブリは除く)
    ②このアニメを見てオタクと化した人の多さ。このことにより、後に人生ブレイカーという称号が与えられる。
    ③さくらのかわいさ。これが世に言う"はにゃ~ん"である。
    ④李君のツンデレ。(・∀・)ニヤニヤ
    ⑤OPの良さ。プラチナとか。
    ⑥山崎君の声ってあずきちゃんの勇之助君の声だよな?
    ⑦ミラーのカードでさくらをコピって俺にくれ
    ⑧俺もインラインスケートで登校しようかなー
    ⑨ともよが作る衣装のセンスの良さ。
    ⑩エリオルが見ておる。

    恥ずかしながら申し上げさせて頂く、実はこのアニメ、見たのはつい最近になってからなのだ。
    べつに敬遠していたわけでもなかったが、特に見たいとも思わなかったのだ。
    多くの人に評価されていたのも知っていたから、見よう見ようと思っていながら時が徒に過ぎていくだけだった。
    きっかけは多分ニコニコでさくらのMAD(もう何かは覚えていない)を見たからだろう。
    それと、レンタルビデオ屋に行ってももう見るアニメがなくなってきたというのもあるだろう。
    とりあえず借りて観た。

    70話?うん、多分4日くらいで全部観た。


    なぜ俺は当時リアルタイムでこれを観ていなかったんだッッ!!

    過去の俺に、今の俺のメッセージが届くのなら、

    『CCさくらだけは見とけ』

    と伝えるだろう。

    あずまんが大王









                                   









    苺ましまろ

    もうロリコンでいいや…。


    このアニメを見て、そして、これの漫画も見てそう思った。
    幼女×4と姉×1の日常を描いたまったり系ストーリーって感じに紹介すればいいですかね?
    キャッチコピーは、
    『かわいいは正義!』

    美しい響きだと思わんかね?

    そう、私もついに紳士となる時が来たのだよ。

    『ろりこんばんは』

    『おはようじょ』

    このような挨拶から始まる紳士の社交場に、ついにデビューを飾るときが来たのだ。
    パンツ一丁にネクタイ、シルクハット、そしてマント。これが紳士の正装だっ!

    netanabe-01419_convert_20080816013048.jpg
    Fig 1.1 紳士の社交場で飾られる絵画の一例

    ちょうどいい機会なので語らせてもらうが、いわゆる『ロリコン』というのは、本当に犯罪に結びつくのだろうか。言い換えて、小児性愛者(だっけ?)というと急に犯罪めいた感じがする。だが、先ほど述べた『紳士の社交場』に集う紳士たちは小児を愛する気持ちには変わらないものの、その愛は非性的な愛なのである。『かわいいは正義』という言葉にも表れているように、『かわいいもの』を愛してしまう気持ちに男女の区別はなく、子犬や子猫を見るとなんだかほわっとした気分になるのと同じなのである。犬や猫だけでなく、小さな子供を見たときにも同様の感情を抱くものである。あらゆる生物が持つ本能的なものとして、同じ種族の幼生(?)をかわいいと感じる何かが備わっているのではないだろうか。つまり、『ロリコンは本能』である。それゆえ、世間が『ロリコン』に対して抱く負の感情は、己が本能を否定するものであり、生物の本能が目指す『種の繁栄』を脅かすものであると言える。小児を性的な目でみるのがもってのほかであるのは言うまでもない。

    さぁ、誰かこの論文をどこかの学会に提出するんだッ!!
    タイトルは『小児性愛と生物の本能についての考察』ッ!!
    速攻で論破されるけどね。

    「”幼児=かわいい”が本能なら、男の子もありなのか?おまえもし苺ましまろが全員男だったらどうよ?」
    「・・・。」
    「子供で、しかも女じゃないとダメなんじゃねぇか!?ざけんなよ!」
    「はい、すみません」
    「このロリコンめっ!!」
    プロフィール

    takumiP

    Author:takumiP

    27歳、大学院博士1年生。

    電波ソングが好きなただのキモオタです。

    なう@たくみP
    いろいろなりんく
    Uたま
    ユウウェブ
    Funta Funta.net
    桃井はるこさん
    MOMOI.COM
    MOSAIC.WAVさん

    あべにゅうプロジェクトさん
    あべにゅうぷろじぇくと
    KOTOKO様
    KOTOKO Official Web Site
    なおすん
    がっかりなおすん
    榊原ゆい LOVE×TRAX
    doubleelevenUpperCut
    doubleelevenUpperCut
    探偵オペラミルキィホームズ
    探偵オペラミルキィホームズ公式HP
    快盗天使ツインエンジェル
    快盗天使ツインエンジェル公式HP
    doubledlevenUpperCut
    doubleelevenUpperCut
    民安ともえ

    milktub
    milktub/official website.
    AiRI
    High-tone
    ULTRA-PRISM
    ULTRA-PRISM
    2-dimension
    2-dimension
    おでんぱ☆スタジオ
    おでんぱ☆スタジオ
    侵略!イカ娘
    侵略!イカ娘
    空中幼彩先生
    ぱぐぱぐまぐぅ
    POP先生
    Electromagneticwave
    ぽよよんろっく先生 ろっくのおへや
    野々原幹先生
    ぢょんぢょんの山小屋
    イカちゃんファンのかもちゃんのブログ
    侵略なる日々
    CONCRETE RIVER
    CONCRETE REVER
    DENPA NO SEKAI
    DENPA NO SEKAI
    もえぴーぷろじぇくと
    もえぴーぷろじぇくと
    カテゴリー
    最近の記事
    オススメゲーム
    『戦国天使ジブリール』 2011.7.29発売予定 『戦国天使ジブリール』 2011.7.29発売予定
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。