スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    デルタポップスペシャル vol.2

    先月のことになってしまうが、「デルタポップスペシャル vol.2」というイベントに行っていきました。
    場所が博多なので、旅行気分で行ってこれた。その思い出を記録しておく。

    新年早々、普段ストレスなんてあんまり感じない俺が、珍しくプライベートのことでストレスが溜まっていて、とにかくどこかで発散しないと、いろいろとヤバそうだったのが事の始まりだ。

    「あーライブ行きてぇ・・・」

    ストレスはライブで発散するに限るのだ。
    (゚∀゚)ノ キュンキュン!してヾ(゚∀゚)ノ ハイハイ!すれば、ストレスなんてキャンセルできるのが俺のいいところだ。
    てなわけで、近いうちにライブなかったっけなー?とか考えてみると、思い出した。

    福岡でモモーイのライブなかったっけ?
    なんだか小さなイベントだったような・・?
    それを思い出し、さっそくイベントのスケジュールをチェック。

    福岡かぁ・・・
    でも日付的には不可能ではない日程だ・・・
    milktubも出るのか!!これは・・・


    行くっきゃない!!


    そんなわけで、さっそくチケットを手配するために、イベントの代表にメール。

    即、返信が来た。

    ストレスまみれの俺だったが、博多という普段行かないところに行ってモモーイを観るというイベントが俺のスケジュール帳に加わっただけで、妙にハイテンションになった。


    そんなわけで、チケットを確保しただけで満足した俺は、すっかり交通手段の手配を忘れていたのだった。

    それを、ライブの5日前くらいに急に思い出して、夜行バスを予約しようと、GoogleChromeちゃんに頑張ってもらったのだったが、時すでにお寿司…3列シートの博多行のバスはすべて売り切れ。
    4列シート以外の選択肢はすべてお値段がエグゼクティブだったので、貧乏学生の俺は4800円の4列シートをチョイス。

    魔の4列シート

    多分6,7年前になるが、4列シートの夜行バスで東京まで行ったことがあった。
    初めての夜行バスだ。
    当時、自分のスキル「座ったまま眠れない」を認識しておらず、ほとんど眠れずに、途中休憩無しで東京を目指す、走る監獄という名のバスに押し込まれた。
    この経験がトラウマで、これ以降夜行バスに乗るときは常に3列シートを選択していた。

    ククク…、4列シートか・・・
    いいだろう、かかってこい!
    俺はもうあの頃の俺ではないッ!


    そして、当日。っていうかイベントの前日の1月21日(金)。
    明らかにデカい荷物を持って、研究室を7時過ぎに出た。
    京都駅に着く。時刻はもう集合時間だ。

    バス会社のスタッフを探す。


    いねぇ・・・


    おい・・・どういうことだよ?
    いくら格安のバスだって言っても限度があるだろうに。

    20時50分発なのに、スタッフが45分に来たところでバスに乗車。4列シートだ。
    夜行バスには、乗車口に座席表みたいなのが貼られているのだが、それを見ると、
    2席に1人が割り当てられているッ!

    これは・・・?


    まさか・・・?


    2席独占状態キタ――(゚∀゚)――!!
    バスの座席って、4列シートだと、

    □□  □□
    □□  □□
    □□  □□
    □□  □□
    □□  □□
    □□  □□
    □□□□□

    こんな風になってるだろ?それの2席隣り合ってる席が2つとも俺のになった!
    4列シートだっていうから、てっきり隣にも人がくると思っていたが、そんな窮屈な状況を回避できた!
    これはかなりのアドバンテージ!!


    定刻通りにバスは発車し、博多を目指す。
    どうでもいいけど、夜に旅に出発するのって何かワクワクするよな?


    そして、例によって全然眠れなかった。
    途中ウトウトしてたのが1~2時間くらいか。
    6時半くらいに博多の駅に着く。
    去年の9月にも来たけど、駅前の工事はだいぶ進んでいた。ただ、外は真っ暗。
    ライブの開始は8時。夜の。
    それまで特に予定なし。そして、金もなし。

    とりあえず漫画喫茶行こう・・・

    駅前のビルの中の漫画喫茶に行き、フラットシートの個室をゲット。
    寝た。3時間くらい、寝た。

    12時前に漫画喫茶を出た。

    ここから僕はどこを目指せばいいのか・・・

    知らない街に一人。

    孤独感は感じ無いが、何故か胸に湧き上がる虚無感。

    やりたいこともない…
    見たいところもない…
    お金もない…

    絶望的なほどの虚無感が俺を襲った。
    どうして・・・?
    一人は慣れてるのに・・・

    まぁ、虚無感の原因は圧倒的な空腹だったことに気づいたのはその2秒後だったわけだが、
    そんな俺は、ラーメン屋に行くことにした。
    何はなくともメシですよ!メシ!!

    だるまというラーメン屋。
    なかなかおいしかった!でも俺が思っていた博多ラーメンとは違った。

    博多駅→だるま→天神
    という経路での徒歩旅行。お金ないもん。バスなんて乗れないよ?
    時間はたっぷりあるしね!

    天神は大きなデパートばかりの繁華街だ。
    博多から歩くと20~30分くらいか。


    時刻にして13時。
    メシも食っちゃったし、あとはやることがねぇ。ほんとにねぇ。
    ベンチに座ってボーっとしたり、本屋に行って立ち読みしたり、エロゲ屋さんでウィンドウショッピングしたり、まんだらけで俺が持ってる同人誌がいくらくらい値が付いてるか確認してたりしていた。

    街中での金を使わない暇つぶしはかなり得意なんだ、俺。

    なんだかんだで時刻はもう18時を回っていたので、会場を目指した。
    薬院駅という駅のそばらしい。
    もちろん歩いた。お金ないもん。

    会場に着くとすでに10人くらい並んでいた。
    不審者パーカーを見にまとうオバイブ紳士も多数。
    o0604033910949044029.jpg
    しかし、モモイストの俺も負けてられん。
    並びながら、しかも、このクソ寒い中でモモーイTシャツに着替える。
    腹がへったが気にしない。
    アクエリアスを買うの忘れたが気にしない。

    並んでると、列の後ろで、たむろしているガラの悪い人たちがいた。
    列の先頭にいたスタッフのところまでやってきて、
    「じゃあ、11時半くらいにもどればいいのね?」みたいなことを言っていた。


    え?

    milktub??

    bambooさん?

    ごめんなさい。完全にガラの悪い人たちかと思っていました。
    ほんと、ごめんなさい。

    そんなこんなで会場OPENし、中に入る。
    ロッカーに荷物をぶち込み、いつものライブ装備(サイリウムをフルに内蔵した小さめな肩掛けバッグ)を取り出し、トイレを済ませ、ホールに入る。
    けっこうホールに入るまでに手間取ったのに、最前が全然埋まってなかった!!
    さっそく最前列向かって右側あたりを陣取る。

    いつも思うけど、ライブ前のこのワクワク感はたまらない。

    言ってなかったけど、今回は、ライブではなく、クラブイベントなのだ。
    モモーイとmilktubは、このクラブイベントの中でステージに出てきて歌う予定になっているのだ。
    クラブイベントは、実は俺は参加するのは初めてなの・・・///
    だから、どういうノリなのかも全然わかんなかった。アーティストが目の前にいるわけでもないのに盛り上がれるの?とか疑問だった。しかも、クラブイベントは、夜通し続くみたいだ。
    そんなこんなでイベントが始まり、DJがどんどん曲を回していく。
    とらドラEDのオレンジとか、仮面ライダーブラックRXの主題歌とか、高まった。
    そして、何人かのDJが登場してそれぞれのDJプレイを終えると、彼女はステージに現れた。

    桃井はるこだ。

    それまでのクラブのノリについていけず、なんとか盛り上がってっるフリだった俺のテンションは、ここにきて一気に沸点まで達した!

    歌う曲は「さいごのろっく」!!!

    濁った水槽から
    ジャンプ!ジャンプ!!


    ㌧㌦ベイビー
    勝利の女ネ申☆
    Nyan☆Nyan☆Galaxy!
    愛のメディスン
    KISS!KISS!KISS!
    BAKA≒愛してる
    TOUGH BOY
    LOVE.EXE
    IVY ~アイビー~
    オペラファンタジア

    こんな感じのセトリだった。間違ってたらごめんなさい。
    TOUGH BOYとかNyanNyanとかは初めて生で聴いた。
    最前列ということもあってか、すげぇ楽しかった。周りの客の訓練度合いが若干足りなかった気もするが
    遠征だし、そんなことを気にしていてはライブは楽しめないので、全力で㌧㌦した俺だった。
    次の日のモモーイのブログにはちょうどモモーイの向こう側で写ってないのが俺だ。
    IVYとかLOVE.EXEは予想してたけど、最後にオペラファンタジアが来たのは予想外だった。
    ってか㌧㌦ベイビーは、アニサマ、大阪ライブツアー、みるくらりあっと、と最近結構聞いてるなぁ。
    大好きな曲だからいいけど。そろそろワンダーモモーイが聞きたいぜっ!

    だいたい1時間くらいかなぁ。モモーイのターンが終わり、再びDJタイム。
    盛り上がりすぎて疲れきっていた、俺。
    睡眠不足で挑むライブはテンションがいみわからないことになるから要注意だ。
    いったん、外に出て休憩した。

    ライブの喧騒を離れ、知らない街の知らない夜、一人たたずむ。
    汗ばんだ体に夜風が当たって気持よかった。
    楽しかったなぁ・・・
    なんか、異常にすっきりした。
    心に溜まったモヤモヤが全部吹っ飛んだ。

    一息ついて、再び会場に戻る。
    前の方に行って、DJプレイで盛り上がる。モモーイのおかげでクラブイベントが初めての俺も、クラブのノリについていけるくらいテンションが上がっていた。

    田村ゆかり姫の「童話迷宮」のときに、そばにいた人が「これなんて曲ですか?」って聞いてきたのをよく覚えている。これくらい知っとけ!!名曲だぞ!!!

    あと、「お兄ちゃんどいてそいつ殺せない」が流れたとき、盛り上がっていたのは俺だけだった。
    その時まで普通に盛り上がっていた客も、( ゚д゚)ポカーンってなっていた。
    やはり電波ソングはマイノリティだと思い知った27の夜。
    ミクとかも流れてたけど、あんまりわかんなかった。

    そして、ついにmilktubのターン。
    なぜか最前列中央までたどり着いてしまった。
    ぶっちゃけmilktubはそんなに詳しくない。ってか最近の曲は追えてない。
    Ever GreenとかHappyGoとかそのくらいの曲は好きだし知っているけど、最近のDEAR DROPS関連とかは全然わからない。そんな俺が最前で大丈夫か?

    大丈夫だった。問題無かった。
    途中、bamboo氏が合いの手を客に言わせるために、マイクを俺に向けてきたからビビったけど、なんとかなった。

    ってか、人集まりすぎだろ!
    最前で圧死しそうでしたよ!!!
    みんなジャンプするもんだから、後ろのやつのチ○コが俺のケツに擦れて最悪でしたよ!!
    ライブは最高だったけど!!!

    傑作だったのがbamboo氏のマイク!!

    あのTENGAをマイクに装着してグリップ力を増強したという優れもの。
    歌ってる時に、マイクを放り投げてはキャッチするbamboo氏を見て、そのグリップ力を認識した。
    しかも、すげぇ似合ってんのww
    TENGAマイクが世界一似合う漢だった。

    最前だったので、セトリがばっちり見えちゃってたけど、すっげぇ楽しめた。
    EverGreenとかHappy Go!、バカゴーホームとかが素晴らしかったのは言うまでもないが、
    Like a Life,Like a Live!のセルフカバーが最高だった。バカテスの新曲もすげぇよかった。
    揉んで揉んで揉んで!!って感じだった。

    響け!!鐘の音!!!
    をライブでやるのはやっぱ楽しいな!!

    ワンツーイヤホイ!!milktub!!

    すっげ楽しかった。
    男臭いライブだったけど、そこがよかった。
    普段女性ボーカルばっか聞いてる俺。
    ライブも女性アーティストがメインだ。
    男のライブ。すげぇよかった。
    下ネタあり、エロあり。bamboo氏はすげぇよ、やっぱ。


    そして、書いておかなければならないのは、なんといっても、モモーイとのコラボだ。
    何曲か歌い終わったmilktub。
    なぜか、モモーイを呼ぶ!→俺歓喜!

    いちごGO!GO!を!!milktubと熱唱!!

    萌え萌えソングに魅せられて!!
    はるこの虜になりました!!
    「いちごいちえ」は一度きり!
    みんなで叫ぼう!GOGO!GO!!


    モモーイが終わって帰ったモモイストざまぁ!!

    まぁ、なぜコラボったかというと、4月に開催予定のB.G.M Festivalというイベントの告知があるからだ。


    B.G.Mとは Bisyoujo Game Musicの略で、要はエロゲーソングってことだ。
    つまり、エロゲーソング祭だ。それの企画者のbamboo氏と参加アーティストとして告知されているモモーイ。
    その話をしていた。

    bamboo氏の想い。エロゲーソングが大好きな俺には心に響いた。
    エロゲーソングだって名曲いっぱいあんだよ!!
    だから、ソフトメーカーの枠を越えたエロゲーソング縛りのイベントがあったっていい!!


    企画段階でいろいろと苦労はあったみたいだ。
    だけど、ぜひ実現してほしい。
    一エロゲソング好きとして、エロゲソング大好き野郎どもと一緒に騒いで、盛り上がって、泣いて、笑って。
    そんなことをしたい。今から楽しみだ。チケット抽選漏れたけど。


    milktubが終わるとあとはずーっとクラブイベント。
    外で休憩したり、バーエリアでまったりしたりしていた。
    ただ、「侵略のススメ☆」が流れたときだけは、全力でステージに駆け寄った!

    イカちゃんコスしたマッチョな兄ちゃんがなかなかよかった。

    5時にイベントがすべて終了。

    俺は、また歩いて博多駅へと向かった。お金ないもん。
    そして、6時ちょうどののぞみ2号で私は私は博多から旅立ちました。
    (ほんとに6時ちょうどののぞみ2号だったんだよ!)

    新幹線では爆睡。
    京都に着いた俺はそのまま研究室へ戻り、居眠りのあと、研究を続けましたとさ。

    クラブイベントへの初参加。
    アニソン系クラブイベントではなく、普通のクラブなら昔に行ったことあったけど、すっげぇつまんなかったので、どうもクラブイベントには変なイメージもっていたが、楽しかった。
    九州は遠いので、ほいほい行くわけにはいかないけど、またこういうイベントが企画されたら行きたいと思う。東京以外でのライブのノリは楽しい。エロゲーソングや電波ソングは少なめだったけど、楽しめた。モモーイも最高だったし、milktubも最高だった。いい思い出になった。



    スポンサーサイト
    プロフィール

    takumiP

    Author:takumiP

    27歳、大学院博士1年生。

    電波ソングが好きなただのキモオタです。

    なう@たくみP
    いろいろなりんく
    Uたま
    ユウウェブ
    Funta Funta.net
    桃井はるこさん
    MOMOI.COM
    MOSAIC.WAVさん

    あべにゅうプロジェクトさん
    あべにゅうぷろじぇくと
    KOTOKO様
    KOTOKO Official Web Site
    なおすん
    がっかりなおすん
    榊原ゆい LOVE×TRAX
    doubleelevenUpperCut
    doubleelevenUpperCut
    探偵オペラミルキィホームズ
    探偵オペラミルキィホームズ公式HP
    快盗天使ツインエンジェル
    快盗天使ツインエンジェル公式HP
    doubledlevenUpperCut
    doubleelevenUpperCut
    民安ともえ

    milktub
    milktub/official website.
    AiRI
    High-tone
    ULTRA-PRISM
    ULTRA-PRISM
    2-dimension
    2-dimension
    おでんぱ☆スタジオ
    おでんぱ☆スタジオ
    侵略!イカ娘
    侵略!イカ娘
    空中幼彩先生
    ぱぐぱぐまぐぅ
    POP先生
    Electromagneticwave
    ぽよよんろっく先生 ろっくのおへや
    野々原幹先生
    ぢょんぢょんの山小屋
    イカちゃんファンのかもちゃんのブログ
    侵略なる日々
    CONCRETE RIVER
    CONCRETE REVER
    DENPA NO SEKAI
    DENPA NO SEKAI
    もえぴーぷろじぇくと
    もえぴーぷろじぇくと
    カテゴリー
    最近の記事
    オススメゲーム
    『戦国天使ジブリール』 2011.7.29発売予定 『戦国天使ジブリール』 2011.7.29発売予定
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。