FC2ブログ

【ネタバレ注意!!!】舞台「青葉の軌跡」の感想@藍色推し

BytakumiP

こんばんわぐ~

たくみPです。
梅雨も近づいてきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
なんやかんやでバタバタしており、火曜日のブログ更新ができず、2日遅延してしまいました。

というわけで、せっかく遅延しましたので、昨日見に行ってきた
Wake Up, Girls! の新作舞台「青葉の軌跡」の感想を書き留めておこうと思います。
この記事のタイトルにも書きましたが、ネタバレしかありませんので、まだ舞台を見ていない人は、
読まないほうがいいと思います。
だったら書くなよ!!って思われても仕方ないけど、ごめんね!!

















6月6日は水曜日。
弊社は、定時退社日。
僕は、定時を待ちきれず、30分早い16時45分に颯爽と退勤した。
草月ホールを目指し、神奈川のクソ田舎から電車を乗り継ぎ、18時過ぎに会場に到着。

僕の持っているチケットは特典付きだったので、早速特典を受け取ると、
それは、Wake Up, Girls!の1st LIVEのチラシだった。
僕は、「なにこれもう“無理”なんだけど・・・」と目頭を押さえた。
そして、会場に入ると、そこにあった小さなステージは、旧アニマルロゴがあしらわれた飾り付けがされていた。
新章のアニマルロゴがどうにもかっこよくないので、旧ロゴが再び日の目を見て、本当に嬉しかった。

wug _airi

ほんと、このサメのロゴかっこいい・・・

わぐなー諸兄や、ライブレボルトのオタクのフリをしたわぐなー諸兄と談笑しつつ、会場へ。
青山吉能さんのアナウンスのあと、待ちに待った舞台の開演。


新章のPolaris衣装で登場する7人。
会場に流れる名曲「Polaris」。
新章のラストシーン。
「これは、まだ、私達がまとまっていなかったあの頃の話」というセリフ。

「そう来たかァァァアアァ」と思った。

新章は賛否両論あるみたいだが、こういう演出への新章の「使い方」は非常に良いと僕は思う。

メインのストーリーは、僕の大好きな超名曲「16歳のアガペー」が完成し、「MACANAでライブをやる!」と社長がブチあげるところから始まった。TVアニメで言うと、5話に相当する部分。
この時点で、もしかしたら、僕の大好きな第7話「素晴らしき仲間たち」の話まで、舞台で見られるかも!!という期待で胸が膨らんだ。
ストーリーの大筋は、僕の期待どおり、7話までを舞台にしたカタチになっており、
僕は、7話の林田藍里、七瀬佳乃、島田真夢の掛け合いのシーンが舞台で演じられている場面が、
本人たちによって舞台の上で再現されて、もう涙を抑えきれなかった。


そう、大筋のストーリーはTVアニメの5話から7話なので、
素晴らしいにきまっているのだが、
細部が違っていたり、TVアニメでは描かれていなかった部分があったりと、
本当に素晴らしい舞台だった。
特に印象的だったシーンや演出を書いてみる。


◆ファーストライブのビラ配りのシーンで、林田藍里が早坂相にビラを渡すシーン
TVアニメでは描かれていなかった、早坂相がWUG!のライブに来た理由。
なるほどね!という感じ。
というか、早坂相役の福山聖二さん。
ハマリ役すぎてビビりましたね。

◆廻り舞台
舞台中央の円形部分が回転して、即座に場面転換ができる造りになっていて、
WUG!とI-1 Clubの対比を演出するのにすごく良かったと思った。


◆藍理のクビ宣告のあとの6人が揉めるシーンと藍理を説得するシーン
このあたりは、アニメにも描かれてはいたが、舞台だとまた違った良さがあった。
7人の演技が凄まじかったのが理由だと思う。完全に引き込まれてしまった。


◆アガペー衣装
恥ずかしながら、僕は、にわかワグナーなので、
この衣装を着ているわぐちゃんたちを見るのは初めてだった。
前回の舞台のときは、制服衣装を初めて見れたし、今回はこの衣装。
感謝しかない・・・・ありがとう・・・ありがとう・・・・








と、いろいろと書いてみたけど、はやく2回目見たい気持ちが溢れて死にそうです。
舞台は、2度3度見ることで新たな発見があって楽しいです。
次は土曜日の夜。



おやすみなさいଘ(੭ˊ꒳​ˋ)੭✧


たくみP
スポンサーサイト
Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply