FC2ブログ

遠征の楽しみ方 たくみ

BytakumiP

こんばんわぐ~
たくみPです。

先週も書きましたが、WUG!のライブを早く観た過ぎて死んでしまいそうです。
10月からFINAL TOUR PART2が始まりますが、あと1ヶ月もあります・・・
で、ふと思ったのですが、「WUG!で遠征は久しぶりだなぁ」と。
振り返ってみると、(関東民的には)WUG!が全員揃うイベントでの遠征は、6月のWUG!ナイター以来なんですね。
つまり、解散の発表以来、初めての遠征でのイベント、ということになります。
(ライブイベントとしては、4月のバスツアー以来ですかね。)

来月は、久しぶりのWUG!のライブでの遠征!
ということで、今回は、僕的な遠征の楽しみ方について書いてみようと思います。
(先に断っておきますけれども、WUG!とはほとんど関係ない記事になっちゃったけど、ごめんね!)


ライブを観るために、地方へ遠征するのは本当に楽しいです。
僕は、(遠征のときだけは)ある程度きちんと計画を立てて行動するタイプの人間なので、事前に、ご当地の食べ物や観光スポットを調査して、計画を立てます。「お金」、「時間」、「体力」というリソースは有限なので、これらを適切に配分して、最高に楽しい遠征にしたいと思うからです。

遠征の主目的はライブやイベントですから、それを楽しむのは当然のこととして、
じゃあ、それ以外の楽しみは何があるか、ということです。
僕的に、遠征の楽しみというのは、以下の2つのフェーズがあると思うのです。

①現地での楽しみ(遠征の目的地での楽しみ)
②道中の楽しみ(目的地に着くまでの楽しみ)



①現地での楽しみ
現地での楽しみ?そりゃもちろん「おいしいもの」でしょうよ。
食べ物とお酒!何よりもまず優先されるべきですね。
ライブの前においしいお昼ご飯を食べて、ライブの後は、おいしい食べ物とおいしいお酒です。
現地で、オタク諸兄と美味しいものを食べ、おいしいお酒を飲みつつ、その日のライブのここがよかった!みたいな話をするのは本当に楽しいです。

さて、「おいしいもの」は当然のこととして、それ以外は何を楽しむか。
ここからは、人によって分かれてくると思います。
寺社巡りをする人もいるでしょうし、景色の良い場所や博物館・動物園みたいな場所に行く人もいるでしょう。
場所によっては、「聖地巡礼」ができたりもしますね。おみやげを探すのも楽しいです。

でも、ここで、僕がおすすめしたいのは、こういうのです。
「御朱印集め」、「ダムカード集め」、「ICカード乗車券集め」、「全国タワースタンプラリー」、僕はやっていませんが、「ご当地フォルムカード」、「スーベニアメダル」、「マンホールカード集め」みたいな楽しみ方です。興味がない人には完全にクソつまらん趣味だと思いますが、こういった趣味は、全国どこでもできますし、かつ、ご当地に行かないと集められないものばかりなので、遠征ついでにやるにはもってこいなのです。地味ですけど、僕は楽しいと思います。

この中でも、「ICカード乗車券集め」は、やっている人が極めて少ないので、僕は特におすすめしたいです。
ICカード乗車券とは、いわゆる「Suica」や「PASMO」みたいなやつです。地方に行くと、その街に独自のICカード乗車券があるのです。
例えば、今度我々が行く岸和田の周辺では、JR西日本の「ICOCA」、関西私鉄の「PiTaPa」(クレカ機能がデフォなので購入が面倒で)、南海バスの「なっち」、近鉄の「KIPS ICOCA」が入手可能です。また、年明けの熊本には、「熊本地域振興ICカード」や「でんでんnimoca」があります。
僕が調べたところによると、現在日本には、60種類くらいのICカード乗車券が発行されており、僕は今の所26種類集めました。
総数が60というちょうどいい感じにコンプリートできそうなところが好きですね。

ファイルに入れて保管して、時々眺めつつニヤニヤしています。

↓御朱印帳
shuin.jpg

↓ダムカード
dam.jpg

↓ICカード乗車券
IC.jpg



②道中の楽しみ
これができると旅行者としてはワンランク上なのかなって思っています。
例えば、仙台まで遠征するときに新幹線を選ぶとすると、目的地まで一直線で到着してしまいます。
時間は短くて済みますが、お金はかかるし、何より道中がつまらないです。
(早く目的地について、目的地で時間をかけて遊ぶ、というのもいいと思いますが)
ここで、新幹線ではなく、「青春18きっぷ」を使って仙台に行く、となると、夢は無限に広がります。
寄り道はできるし、仙台までの経路を考えるのが楽しいです。東北本線でいくのもいいし、常磐線に乗るのもいいです。
私鉄だけでどこまで行けるかチャレンジをするのもいいですね。
先日の3月、秋田で行われた田中美海さんのソロイベントの帰り、僕は18きっぷで横浜まで帰ってきました。
乗ったことのない列車に乗れたり、車窓からの雪景色を見れたり、途中下車して美味しいものを食べたりできて、本当に楽しかったです。
僕は、趣味の1つとして「電車の乗りつぶし」をやっているので、未乗車区間を乗るのが楽しいです。

乗りつぶしオンライン(JR版)
乗りつぶしオンライン(私鉄版)

このサイトで乗車した区間を入力すると、これまでに乗車した路線を地図で表示してくれます。
全路線乗車を目指して頑張っています。

noritubusi.jpg



また、車で行く場合、何人かで乗り合わせれば、お金も節約できるし、みんなでワイワイ話したり、カーステレオで好きな曲をかけながら目的地に向かえるので楽しいです。寄り道もできるし、ルートも無限大です。ただし、安全運転で。
さて、ここでも僕には別の楽しみ方があります。そう、「ハイウェイスタンプ集め」です。
これは何かと言うと、全国の高速道路のSAやPAにある「ハイウェイスタンプ」を集めるスタンプラリーです。
スタンプは、NEXCO東日本、中日本、西日本合わせて、542個くらいあります。僕はまだ170くらいしか集められていません。
SAやPAは、上りと下りに1つずつあるので、電車の乗りつぶしと違い、必ず往復しないと集められないのがニクいです。
このスタンプラリーは期限が無いので、気長に遊べます。ちなみに、コンプリートすると「達成証」がもらえます。
ただ、この趣味はあまりにマニアック過ぎて、やってる人は殆ど見かけないのが寂しいです。ワグナーハイウェイスタンプ部はいつでも新入部員をお待ちしています。

hws.jpg
(左から、NEXCO東日本、中日本、西日本のスタンプ帳です。)

駅に置いてある「駅スタンプ」もあります。ただ、駅スタンプは、スタンプの形状やインクの色がバラバラだったり、1駅にいくつもあったり、逆にスタンプが無い駅もあったり、コレクションとしては微妙だと思います。

あとは、「道の駅スタンプラリー」なんてものもありますが、今のところチャレンジする予定はないです。
道の駅、数がハンパないです。しかも有効期限(1年程度)があるし、道の駅のスタンプは、道の駅が営業中でないと押せないのが何よりつらいです。

最近、デジタルスタンプラリーとかいうのが流行っています。
現地に飾ってあるポスターに書いてあるQRコードを読み取るとアプリ上でスタンプとして認識される、みたいなやつです。
僕はあんま好きじゃないです。
「デジタルスタンプ?は?それ、スタンプじゃなくね??バーカバーカ」という感じです。
やっぱね、スタンプはアナログのスタンプじゃないとダメなんすよ。これまでの努力の結晶であるスタンプ帳に、失敗しないよう身長に押印する瞬間の緊張感が味わえないなんてダメだと思います。

僕がやっている、こういスタンプラリーにしろ、カード集めにしろ、こういうコレクション的なものは、飽くまでメインの目的にしたくないです。ライブの遠征のついでに、こういうものを長年かけて集める、みたいなのが僕は好きです。コンプリートしたときに、その喜びとともに、数々のイベントの思い出が蘇ってくるわけですよ・・・
「ああ、このスタンプはWUG!で仙台に行ったときのやつだなぁ・・」みたいに、ね。



と、趣味の話をすると熱くなりすぎるのはオタクの良くないところなので、このへんにしときます。





え~っと、なんの話だっけ。
そう!遠征をいかに楽しむか、の話だった。
まぁ、こんな感じで、僕は遠征を、ライブ以外も楽しんでいますが、皆さんはどうでしょうか。
遠征を、イベント以外も楽しむための方法はいろいろあると思いますが、飽くまで、メインの目的はイベントなので!!
岸和田が待ち遠しいですねぇ。わくわく。




それでは!



おやすみなさいଘ(੭ˊ꒳​ˋ)੭✧



たくみP
スポンサーサイト
Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply