FC2ブログ

メリークリスマス!たくみ

BytakumiP

みなさんこんばんは
たくみPです٩(◦`꒳´◦)۶

ここ1週間ぐらい、いろんなことがあって、書きたいことがたくさんあります。
なので、たくさん書きました!仕事中に!!!!

まずは、12月19日の水曜の夜。
僕が「のびしろにょきにょき」を見つつ、のびにょき流行語大賞のコーナーで2位となった「はにかむ~~」(by 高木美佑ちゃんさん)で気を失ったりしているところに、友人のワグナーとのグループLINEで
「あいちゃんの温泉むすめきた!!!!!!!!」
とのメッセージがありました。
僕の頬を伝う一筋の輝き。

この時点では、正式発表ではなく、以下のような感じで声優さんの名前のイニシャルと特徴?とサンプルボイスが公開されただけでした。

・声優「A.E」さん
・ダンスが得意
・野球が大好き
・とあるコンテンツのVR動画にて女子トーク



もう答えはひとつしかないですね。
そして、その翌日には正式発表がありました。
僕たちの永野愛理さんが、温泉むすめのキャラクター「松島名月(まつしまなづき)」ちゃんの声を担当する、と。
日本三景の一つである宮城県の松島。
その近くある松島温泉という温泉のキャラクター。
本当にうれしかったですね。WUG!の7人のうち永野さん以外の6人は、温泉むすめのキャラクターの声優として既に決定していたので、今回の発表により、 WUG!の7人が全員そろったということになります。 永野さんの新しい仕事というのがうれしいですし、あの7人が同じコンテンツのお仕事をする、というのが単純にうれしいです。他の6人は温泉むすめなのに、1人だけ違うのはちょっとさみしいなあ...とモヤモヤしていたので、それが解消されて嬉しい!という 気持ちです。

ということで、昨日の24日のクリスマスイブにオタクたちと、来たるべき「湯けむりフェスタ in 松島」の下見も兼ねて松島温泉に行ってきましたが、その話は後で語るとして、その前に、22日の横須賀公演の話からしたいと思います。


12月22日、神奈川県横須賀市、FINAL TOUR PART2 の千秋楽であり、WUG!として神奈川県内でライブをやるのはこれで最後。
田中さんのMCの時に「神奈川出身の人ー??」と聞いてくれたのが、神奈川出身の僕的にはうれしかったですね。
この問いかけ、田中さんにどういう意図があったのかはわかりませんが、「これまで WUG!のライブが神奈川で開催された回数が意外に少なかったし、神奈川でのライブは今回で最後だから聞いてくれたのかなあ」と勝手に思っています。

恒例の公演毎の企画コーナーは、クリスマスソング的な曲を歌ってくれるコーナーでした。
クリスマスソングを歌ったり、客席でプレゼントをいたりしていましたが、僕的に最高だったのは、永野さんと吉岡さんによる「寒い夜だから・・・」(trf)ですね。



高木さん、青山さんの歌のお姉さん的な歌唱が終わると、なぜか少しオドオドしながら歩いてくる永野さん。
「お??あいちゃんだ!!何歌うのかなー???」と思いつつ、イントロのドラムの「ダンダンッ」が流れた瞬間、叫んでいました。
小学生の時から聴いている耳に馴染んだイントロ。
この曲は、アニメの中で林田藍里ちゃんがカラオケルームで、島田真夢ちゃんと一緒にオーディションの練習をするために歌った曲です。オドオドした感じで登場したのは、林田藍里ちゃんをイメージしたからでしょうね。
はあ・・、永野さんがこの曲を歌ってくれるのを僕がどれだけ待ったか・・・。
2か月前、アニレヴというイベントにWUG!の5人が出演することとなり、trfのDJ KOO氏との共演ということもあったので、「これ、『寒い夜だから・・』ワンチャンあんじゃねーの!!!???」とちょっとだけ期待はしていましたが、まあ、無かったですよね。
そして、その2か月後、まさかツアーのライブで披露されるとは・・・。後述する FINAL LIVE の発表の衝撃により、印象が薄くなってしまっ てしまいましたが、これは僕的には「大事件」でしたね。嬉しすぎる・・・。
MCでの話によれば、この曲をどういう風に歌うかを、吉岡さんと永野さんの2人で相談して決めたらしく、「はあ・・・やっぱ、まゆあいなんだよな・・・」 と涙が止まりませんでした。本当にうれしかったです・・・。ありがとう・・本当にありがとう・・・あいちゃん、まゆしい・・・。

あとは、夜公演の最後のときの青山さんのMCが良すぎました。
「この曲を歌うのは最後かもしれないから、気持ちをこめて歌わなきゃいけないな、って思いながら歌いました」的なことを言ってくれていました。
僕も以前のブログで書いたかもしれませんが、「今回のツアーで歌う曲のいくつかは、ライブで聴くのは多分もう最後なんだよなあ・・」という気持ちがありました。なので、「歌う側の人が「最後かもしれないから」と思ってくれている」というのが本当にうれしくて、「いつものグダグダなMCはなんだったんだよ・・不意打ちとかやめてよ・・・ホントそういうとこ最高だわ・・」と、泣いてしまいました。今までのツアーでのMCでの、気持ちが先行して何を言いたいんだかよくわからなくなっちゃう彼女のMCは、それはそれですごく 好きなのですが、千秋楽の夜というラストのMCに、このようなグゥの音も出ない最高のMCをやってのけるところが、この子のすごい ところだと思います。

そして、夜公演の FINAL LIVE の発表。
WUG!が最後に立つ場所は、さいたまスーパーアリーナ。
これについて考えがまとまりません。いろんなことを考えてしまいます。
「最後」であることに対する怖さみたいな気持ちがあります。
でも、この日から今日までの彼女たちのブログを見て、勇気が出ました。

・奥野香耶さん
 「私たちらしく がんばるね!!」

・高木美佑さん
 「SSA、絶対に成功させよう!と、強く決意したよ。」

・吉岡茉祐さん
 「でも、きっと私たちなら大丈夫。」

・永野愛理さん
 「この7人の底力を。」


というような彼女たちの言葉、すごく力強いです。ありがとう、しかないですね・・・
最後なのは怖いけど、楽しむしかねぇ!!!って気持ちになりました。
この発表の直後の、BtB衣装での「Beyond the Bottm」、すげぇの何のって・・・
なにか宿ってる感じしましたね・・・神がかり的な凄まじさがあり、WUG!が常に最高点を更新している、というのを実感しました。
なんで、こんなかっこいいの、この人達・・・


さて、次の日はアニメJAM。
わぐちゃんたちは、16歳のアガペー(夜の部は少女交響曲)と Polaris を歌ってくれました。
16歳のアガペーは、完全に予想外だったのもあり、とても嬉しかったです。僕はこの曲が本当に好きです。
好きポイントを挙げておくと、
・楽曲として最高にすき!
・オチサビのあいちゃんの歌唱が「はあ・・・すき・・」ってなる。
・ダンスの振りがめちゃくちゃかわいい!
・間奏のピアノが良すぎて涙が出る!
・歌詞がマジすこい。

みたいな感じですね。
「アガペー」という言葉は哲学用語?神学用語?で、「無償の愛」とか「神の愛」とかそういう意味ですが、分かりやすく言うと、「神が人間を愛するような、見返りを求めない愛」みたいな感じですかね。(高校の時に授業で習っただけなので、間違っていたらごめ
んね!)
そして、この「アガペー」の前に「16歳の」とつくことで無限のイマジネーションが広がりますね。
16歳という、大人と子供の中間くらいの微妙な年齢の女の子の「見返りを求めない愛」なんですね。言葉だけみると16歳という年齢には不相応な感じがしますが、いや、逆に16歳だからこその「アガペー」なのでは?と思う部分もあります。
また、改めて歌詞を読んでみると、すっごく純真というかピュアというか、もう何なのこれ!!!好き!!!!!って感じの歌詞で、 この歌詞にタイトルをつけるなら「16歳のアガペー」以外ありえない!という感じですね。
盛岡公演の時に、吉岡さんが触れていましたが、この曲のイントロで、オタクたちが喜びのあまり頭を抱えるので、ステージから観ると、オタクたちが消えたように見えるらしいです。
僕もいつも頭を抱えて取り乱してしまいます。本当に大好きな曲です。

そして、わぐりすの発表もありました。これも楽しみですね。
i☆Ris もランガも全部の曲を知っているわけではないので、ちゃんと予習 していこうと思っています。


その日の夜は、ニコニコ生放送 WUG!ちゃんねるの忘年会でした。
オタクたちと僕の家で飲みながら観ていました。
僕は、この7人が楽しそうにわちゃわちゃしているところが本当に好きです。
この7人が揃うと出てくるこの雰囲気?空気感?を言葉にするとしたら、何といえばいいんですかね?
「仲間」?、「友達」?、「家族」?どれもちょっと違う気がします。
「ああ・・やっぱこの7人なんだよなあ・・」以外の言葉が出てきません。
声優ユニット「Wake Up, Girls!」という枠組みは3月でなくなってしまいますが、この7人の中にあるつながりは、この先もずっと、続いてほしいと思いました。


翌日の12月24日。
クリスマスイブですね。
僕は、オタクたちと車で仙台に向かいました。
まず向かったのは、天ぱりさん。
2週間前の盛岡への往路でも天ぱりさんで餃子&ライスを食べましたが、また来てしまいました。
絶妙なパリパリ加減で焼かれたおこげ付の皮。
その皮で包まれた超絶ジューシーな中身。
特製の餃子たれと、これまた特製の具入りの辣油。
そして、with ライス。

「これが天ぱりだ!!!
 これが天ぱりの餃子&ライスだ!!!!!」


僕の心が、舌が、胃袋が、そう叫んでいました。
ちなみに、今回、特製の辣油をちょっとだけごはんに乗っけて食べるとメチャうまいことに気づいてしまいました。
あの辣油だけ瓶詰で売ってほしいですね。

そして次に向かったのは熊谷屋さん。


この栞をもらいに来ました。持ってるけど、せっかくなので。
このお店のゆべしはクセになる味で大好きです。初めておせんべいも買いましたがおいしいです。
今食べながら書いています。

その後は、日本三景の1つ、松島へ行きました。 冒頭にお話しした通りですね。
永野愛理さんが、この松島にある松島温泉の温泉むすめの声を担当することとなったので、聖地巡礼です。
何は無くともまずはお風呂です。
今回は、「絶景の館」というお宿の温泉に入ってきましたが、松島を一望できる露天風呂があり、とてもよかったです。
(遠くに見える橋を歩いてる人から丸見えな露天風呂だったんですが、大丈夫なんですかね?猥褻物陳列罪的な意味で。)


そして、僕らにはこの松島温泉でやらなければならないことがありました。

それは「土下座」です。

過去、友人の紫色ワグナーは下記のようなことをツイートしていました。
それを受けて、僕も同じような発言をしました。






男に二言は有りません。
ということで、ご当地まで行き、土下座してきました。




12月24日のクリスマスイブ、雪のちらつく松島温泉で土下座するオタク2人。


というわけで、温泉むすめの運営さん、本当にありがとうございます。
いつか、イベントに永野さんを呼んでほしいですね。 (永野さんの袴姿かあ・・・見たすぎる・・!)


その後は、仙台市内に戻り、牛タンを食べたり、勾当台公園に行きました。
5年前の 2013年12月24日 19時45分は、劇場版アニメ「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」の中で WUG!がライブを した日です。
毎年、この日のこの時間に多くのワグナーが集まるそうですが、ぼくは今回が初参加でした。
WUG!が終わらないうちに、この日のこの時間に、この場所に来たかったので、来られて良かったです。
アニメの中での出来事とはいえ、あれから5年たったんだなあと思うと、感慨深いですね。

78504.jpg

そして、光のページェントです!今年は、クラウドファウンディングで行われたそうです。 そのクラウドファウンディングのリターンの1つだった「光のページェントの開催中に、メッセージを放送してくれる」というものがあり、 湖底人さんの発案により、「ワグナーからのメッセージを流そう!」という企画が行なわれました。 僕も参加させていただいたので、そのメッセージを聴きに来ました。



仙台の街に響き渡る「行くぞ!がんばっぺ!Wake Up, Girls!!!!!!!」の声。
良かったですね。改めて、湖底人さんに感謝です。

さて、今年にこのブログを更新するのは、多分、これで最後と思います。
今年は仙台初売りのイベントが無くてお正月は暇ですが、1月2日の夜には鹿児島に向けて出発するので多忙なのです!

以上!

おやすみなさいଘ(੭ˊ꒳​ˋ)੭✧


良いお年を…!


たくみP
スポンサーサイト



Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply