FC2ブログ

おおさか。たくみ

BytakumiP

みなさん、こんばんは!
たくみPです٩(◦`꒳´◦)۶

大阪の3日間5公演、全部に参加してきましたが、本当に楽しかった・・・
まだ現実に戻ってきた感がないです。
今回の公演は、熊本に続き、PART3の2会場目。
企画コーナーは、ソロイベ曲でした。

ファンミのときやったじゃーーん!と思ったりもしましたけど、よく考えたら、ソロイベ曲って、ファンクラブイベントでしか披露していないし、そう考えると、その曲たちをFC会員以外もいるイベントで披露するということは、アニメのWUG!シリーズという殻を脱ぎ捨てて、彼女たち自身のライブにしたいという意図があるのではないか、と思いました。
4thまでのツアーは、スクリーンの映像にアニメのシ ーンが映ったりしていましたが、今回のツアーはそういう演出が一度も無かったですしね。この辺の話は、また別の記事で書くとして、今日の記事は、大阪公演で披露されたソロイベ曲の中で、特に思い出を書き残しておきたいと思った3曲について書いておこうと 思います。


◆解放区/青山吉能さん
マジにすごかったです。
「すごい」とか「ヤバイ」しか言えなくて、完全に語彙力を失ってしまった。
この曲、普通に聴くだけでもヤバいのに、先週熊本でエモちらかした「わたしの樹」を見たばかりというのがヤバさの原因だったと思います。
青山さんは自分の地元に対して色々な想いがあって。
そういう想いがWUG!の活動の中でどう変わっていったかを先週知ることが出来て。
そういう背景があったうえでのこの「解放区」。
イントロが流れた瞬間に、僕の中からこみ上げる何かがヤバかったですね。
ステージから、音とか光とかそういうモノ以外の何かが発せられていて、それの“圧”がすげえ・・・
歌っている本人の気持ちの入り方が、ソロイベントやファンミーティングの時とは段違いだったと思いました。魂で歌ってる感じ。
この人の、歌に気持ちをぶつけてくる時のパワーは本当にすごい。
この日の夜に飲みに行った時のビールが最高にうまくて、「解放区・・・!」って感じでしたね。





◆Help me!みゅーちゃん!/高木美佑さん
2017年のソロイベントの時の曲ですね。
作詞・作曲は、桃井はるこさん。
僕が、この曲について語り始めると長くなるので、やめておきま・・・せん!!!!!語らせてください!

この曲に関する最初の情報が公開されたのは、2016年12月24日の「わぐらぶ愛してる フルブースト!」でした。
現地観覧の抽選に当たらなかったので、ふてくされた僕は、自宅で盛大なクリパを開催するべく、豪華なクリスマス料理(豚の角煮と各種つまみ)を製作し、ビールをガブ飲みしつつ、この放送(ニコ生)を観ていました。
ここの放送で発表されたのが、2017年3月にソロイベントが開催されることと、そこで、各メンバーのリジナル曲が披露される、という情報。その際、そのオリジナル曲を製作するアーティスト陣も発表されました。
高木美佑ちゃんの曲の製作するアーティストが発表された瞬間・・・
画面に映ったのは「作詞・作曲:桃井はるこ」という文字・・・
机をぶっ叩いて飛び上がり、床に転がって、絶叫するオタク。

最近は全然モモーイ現場に行けてないですが、僕は桃井はるこさんのファン(モモイスト)でもあるので、こんなにうれしいことは無かったですね。
そして、2月26日。白石から車で帰る間に、試聴動画が公開されました。
イントロの8bit サウンドが流れた瞬間、ガッツポーズでしたね。

そして、僕は、このソロイベントで、フラワースタンドというものを生まれて初めて出させていただきました。
僕自身もうれしかったですし、何よりおみゆちゃんが一番喜んでいたと思ったからです。
この時のフラスタは、「モモイスト有志一同」という名義で、たくさんの人に協力してもらいました。
「高木美佑ちゃんのファンとしてだけではなく、モモーイファンとしても、お祝いさせてください」という意味を込めて、この差出人名にしました。




そして、このフラスタに添えたイラストを描いてくれたのは、すねいるさん。
モモーイ楽曲を歌う、ということで、名作アニメ「ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて」の小麦ちゃん(CV:桃井はるこ)のコスプレを したみゅーちゃんを描いてくれました。

DSC_2297_.jpg

めちゃくちゃかわいいし、この絵だけでも最高!!神!!と思っていたのですが、この件はこれでは終わりません。
なんと、ライブ中、その小麦ちゃんの主題歌「愛のメディスン」を歌ってくれたのです。
モモーイの曲はどれかは歌ってくれるだろうとは思っていましたが、数あるモモーイ曲の中から、まさかフラスタのイラストのモチーフにしたアニメの主題歌を歌ってくれると は・・・。
本当にうれしかったです。
2017年3月19日のことは一生忘れられません。
だから、今回の大阪公演でこの曲をまた歌ってくれたのが本当にうれしかったです。
大阪の1日目の昼で、大阪公演での企画コーナーがソロイベ曲だと分かった時から、この曲を歌ってくれるのは分かっていましたが、例によって、イントロが流れた瞬間からの記憶が無いです。
聴くところによると、青いビブスを着て、AIRI タオルを頭に巻いて、UOを炊きまくって、トンドルしていたオタクがいたらしいんですが、い ったい何者だったんでしょうか・・・。

「これぞモモーイサウンド!」と叫ばざるを得ないメロディ。
名曲「WONDER MOMO-i 〜New recording」を彷彿させる曲展開。
歌詞は、ところどころおみゆちゃんっぽいキーワードが織り交ぜられており、特に、最後の部分がやばい。

「あなたの言葉 わたしの声
 重なりあって 響く
  ありがとう 出会ってくれて
   ありがとう 夢をかなえてくれて
  そしてこれからも、一緒に、物語の先へ・・・」

これは、モモーイが作詞した、高木みゆちゃんから僕らへのメッセージだと思います。

あと、せっかくなので、当時、有志で考えた口上を載せておきます。
今後、おみゆちゃんのDJの時とかにこの曲をかけてくれるかもしれないので、ご参考まで。
多分、今回これを叫んでいたのは、僕を含めて3人だけだと思います。
僕は、途中で声が死んだので、連番オタクが代わりに叫ん でくれました。

(イントロの後の「よっしゃいくぞーー!!!」から)
「オレンジ色の輝きを! 放つ笑顔の大天使!
 救いを求め僕たちは! 君の名前を叫ぶんだ! Help me! みゅーちゃん!」


◆桜色クレッシェンド/永野愛理さん
ソロイベ曲は、昨年夏のファンミーティング以来ですが、あの時は全然思わなかったのですが、今回は、「ソロイベ曲を歌うのはこれが 最後だろうなあ」と思いました。特に桜色クレッシェンドでは、桜色(ピンク)のサイリウムがいっぱいの会場を永野さんに見てほしいと思いました。なので、僕も少しだけ、ピンクのサイリウムの配布のお手伝いをしました。
そして、永野さんが「桜色クレッシェンド」を歌っている時、僕は後方の席から見ていましたが、会場のほとんどがピンクに染まり、「雨」 をイメージした青がチラホラ、というとてもキレイな景色になりました。
MC でも、ブログでも言ってくれましたが、本当にキレイな景色で した。




ソロイベ曲は、7人それぞれ、ものすごいです。
どの曲にも、ものすごく彼女たち自身の想いが込められていて、その想いが全て表現された曲になっていると思いました。
こんな名曲たちをライブ聴けるのが、今回が最後というのは本当に残念だし、もったいないので、どこかでまた聴く機会があるといいな、 と思っています。


ソロイベ曲以外で、特に書き残しておきたいのは・・・・

◆1日目の僕フロ衣装
久しぶりの僕フロ衣装、本当かわいかったですね。かわいさとスポーティさが兼ね備わった素敵な衣装だと思います。永野さんに良 く似合っていて、登場した瞬間、頭を抱えていました。僕がこれを見たのは、2016年11月12日の洗足学園の学園祭ライブ以来ですかね?あれ?越谷のイオンのイベントのとき??最後にわぐちゃんがこの衣装を着たのは、2017 年 3月5日の卓球娘のイベントでも着たと思いますが、僕はこの時 KING SUPER LIVEに参加していたので・・・。

◆永野さんのダンス
FINAL TOUR の回を重ねるたびに永野さんのダンスが凄まじいことになってきているように感じています。今まで以上にダイナミッ クさが増してきているし、キレがハンパないし、すげえ気持ちがこもっている感じがしました。 「ダンスって、感情をこめられるモノなんだ・・・」と思いましたし、目が離せませんでした。
本当にかっこよかったです。
特に、Beyond the Bottom の「でも新しい朝は来るさ」のところで、身体を屈めるような感じでチカラを込めて歌っているところが最高にカッコ良くて、鳥肌でした。


ということで、今週はこの辺で。
次は来週の長野。
ライブのMCでも、マイラジでも言っていましたが、たかぎみゆちゃんさんは、長野県飯田市で毎年11月3日に開催される「丘の まちフェスティバル」のPR大使である「ナミキちゃん」の声を担当されていることもあり、長野県との縁が深いです。
ナミキちゃんのテーマソング「おいでよ!LOVE☆飯田パラダイス」は披露されるのでしょうか・・・
この曲はペンライトの色は「赤色」(りんごの色)推奨なので、留意願います!!
なんかの間違いでヒロイック☆ヒレ・・いや何でもないです。

以上!


おやすみなさいଘ(੭ˊ꒳​ˋ)੭✧


たくみP
スポンサーサイト
Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply