夏はマシンガン

BytakumiP

夏の電波ソングと言えば、この曲でしょう!
というわけで、今日はこの超有名曲について解説しよう。

この楽曲は、ねこねこソフト製作のゲーム「みずいろ」の関連CDに収録されている楽曲。その中の「ひよりん★音頭」というCDに収録されている。くわしくはこちら
ダウンロード

歌い手のキャラ、マシンガン進藤はゲーム中の「進藤さつき」というキャラクターで、フラグによって、「やかま進藤」「おとな進藤」という性格が真逆のキャラに豹変するという驚異のキャラだ。かわいいなぁ。僕は、このゲーム自体は未プレイで、アニメ版を見た程度なので、くわしくは、ニコニコ大百科や、Wikipediaを見てください。いや、マジかわいいよ。

まぁ、御託を並べたところでこの曲の魅力は伝わらないので、とにかく観て、聴いて、感じてほしい。

夏はマシンガン

作詞:マシンガン奴&高嶋
作曲・編曲:マシンガン上松(上松範康氏だと思われる)
歌:マシンガン進藤(吉住梢)

早い!
速い!!
迅い!!!


まさにマシンガン!マシンガン進藤のマシンガンのようなヴォーカルと、本格的ヘヴィメタルバンドも真っ青な演奏、ヘッドバンギング必至な楽曲だ!早口ってレベルじゃねーぞ!電波ソングは数あれど、この曲ほどインパクトのある楽曲はなかなか無い。オーディエンス(?)による合いの手も最高だ。この楽曲は、DAMかどこかのカラオケに収録されているので、チャレンジ精神旺盛な方は是非チャレンジしてみてほしい。俺は無理だった。速度MAXで歌える猛者もいるらしい。まぁ、確実に喉がイカれるけどね。
ちなみに、スラッシュメタル大好きな先輩(全然オタクじゃない)がなぜかこの曲だけ知っていたのには笑った。
間奏のギターソロもMaster of puppetsの頃のMETALLICAっぽくて素敵だ。

この曲が有名になったのは、Flashからだろう。元のFlashはこちら(音量注意)。Flashで有名になった電波ソングは結構多い。今思えば、Flashと電波ソングというのは抜群の相性だったのかもしれない。

この曲と双璧をなす『冬もマシンガン』もまたクレイジーでエレジーな名曲だが、今はまだ夏なので、冬になったら解説するとしよう。
スポンサーサイト
Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply